ソフトバンクの株価はSunZhengyiが言った年に最低点に下がった:株の買い戻しはまだ選択肢の1つである

アソシエイテッドファイナンスプレス(上海、編集者ビアンチュン)は、水曜日(6月23日)に開催された年次株主総会で、ソフトバンクの孫正義最高経営責任者(CEO)は、同社の株価が下落しているとき、 、株式の買戻しはまだオプションの1つです。

「株の買い戻しは重要な選択肢だといつも思っていますが、買い戻す時期と規模については、バランスの取れた方法で考える必要があります。」Sun Zhengyiは言った。 ソフトバンクは他の資本の使い方も検討する必要があると彼は付け加えた。

今年の5月、ソフトバンクは過去最高の2.5兆円(約226億米ドル)の自社株買い戻しプログラムを完了しました。 しかし、それ以来、世界経済の再開に伴うテクノロジー株の最近の全体的な弱さにより、同社の株価は急激に下落しました。 これにより、ソフトバンクの分散割引(資産価値と株価の差)が約50%に拡大します。

Son Zhengyiが上記のスピーチを行った後、SoftBankの株価は上昇せず、最終的に水曜日に4%下落して7,688円で取引を終えました。 月曜日に、在庫は今年最低点に落ちました。

今月初め、ジェフリーズのアナリスト、アトゥル・ゴヤル氏は、ソフトバンクがさらに7000円に下落したと報じた。 -7500円「買戻しの期待が高まる可能性がある」。

買戻しは、Sun Zhengyiの個人的な株式保有比率を高め、マネジメントバイアウトをより簡単に達成するのに役立ちます。 「私たちの可能性は、過小評価されている株価よりもはるかに大きいと思います」と、株主に長期的な視点から会社を検討するよう呼びかけたSunZhengyi氏は述べています。

昨年12月、ソフトバンクグループが新しい民営化戦略について話し合っていたというメディアの報道がありました。 Zhengyiは、残りの少数株主を取締役会から締め出すことができる十分な株式を持っています。

この点に関して、Sun Zhengyiは多くのことが可能であると述べましたが、コメントするのは難しいです。彼はこれについてコメントすべきではなく、コメントもありません。

Sun Zhengyiはソフトバンクをどのように位置づけていますか?

この株主総会で、Sun Zhengyiは、グローバルなテクノロジーの新興企業をサポートする「情報革命資本プロバイダー」としてのソフトバンクの役割に焦点を当てようとしました。

億万長者は歴史的な比較を行いました。彼は、産業革命は18世紀の英国の蒸気機関のパイオニアであるジェームズワットや他の発明家によるものだと指摘していますが、鉄道建設に資金を提供した資本家は無視されました。

「ロスチャイルド家が産業革命の中心的な役割であったように、私たちは情報革命の重要な役割でもありたいと考えています。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です