25日の中国本土市場概況:上海総合1.2%高で5日続伸金融相場

25日の中国本土市場は、主要指標の上海総合指数が前日比40.91ポイント(1.15%)高の3607.56ポイントと5日続伸した(上海A株指数は1.15%高の3781.40ポイント)。約2週ぶりの高値水準を回復している。

内外環境の改善で投資家心理が上向く流れ。バイデン米大統領は24日、上院の超党派グループとインフラ投資計画(総額5590億米ドル規模)で合意したと述べた。米株市場では、ハイテク株比率の大きいナスダック指数と機関投資家がベンチマークとして重要視するS&P500指数がそれぞれ史上最高値を更新している。内部的には、中国人民銀行(中央銀行)の資金供給継続がプラス材料。人民銀は朝方、リバースレポ取引を通じ、前日と同様に300億人民元を市場に供給した。期日到来分との差引では200億人民元の供給超。このところの金融操作では、毎日の供給が100億人民元にとどまっていた。また、中国10年国債利回りの低下基調も好材料。株価の割高感が薄れたハイテクなど高PERグロース(成長)株が物色された。上海市場のハイテク企業向け市場「科創板」では、上海科創50(Star50)が2.0%高。昨年8月以来の高値水準を回復している。(亜州リサーチ編集部)

金融株が相場をけん引。招商銀行(600036/SH)と中国人寿保険(601628/SH)がそろって2.6%高、中信証券(600030/SH)が2.0%高で引けた。

ハイテク株も高い。半導体装置メーカーの吉林華微電子(600360/SH)が7.3%、半導体の封止・検査で中国首位の江蘇長電科技(JCET:600584/SH)が3.6%、半導体デバイスの上海韋爾半導体(WILLSEMI:603501/SH)が2.6%、太陽光発電素材メーカーの隆基緑能科技(601012/SH)が2.4%ずつ上昇した。隆基緑能科技に関しては、当局の太陽光発電振興策が材料視されている。このほか資源・素材株、医薬品株、食品飲料株、海運株、軍事関連株なども買われた。

個別では、化学繊維の恒力石化 (600346/SH) がストップ高。同社は25日、傘下の江蘇康輝新材料科技有限公司を通じ、年産能力80万トンのPETフィルム生産工場を建設すると発表した。業容拡大の期待が高まっている。

一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が1.23ポイント(0.49%)高の254.77ポイント、深センB株指数が5.29ポイント(0.45%)高の1191.96ポイントで終了した。

亜州リサーチ(株)

《FA》

提供:フィスコ
集部、指数、上院、材料、合意、上海市、物色、中国人民、党派、史上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です