NY株式:米国株式市場はまちまち支援結果投資計画

ダウ平均は237.02ドル高の34,433.84ドル、ナスダックは9.32ポイント安の14,360.39 で取引を終了した。

連邦準備制度理事会(FRB)が発表したストレステストの結果で大手23行が不況シナリオでも、自己資本比率規制の2倍の資本水準を維持するとの好結果や、バイデン政権が提示しているインフラ投資計画が法制化に向けて前進したことを好感し、寄り付きから上昇。景気循環株の買いが強まり、ダウは終日堅調に推移した。一方、長期金利の上昇を受けてハイテク株の買いは後退。セクター別では銀行や耐久消費財・アパレルや銀行が上昇した一方で、自動車・自動車部品が下落した。

JPモルガン(JPM)やバンク・オブ・アメリカ(BAC)など大手銀行はFRBのストレステストの結果を受けて、株主還元を加速させるとの期待に軒並み上昇。また、宇宙旅行ビジネスを手掛けるヴァージン・ギャラクティック・ホールディングス(SPCE)は一般客の宇宙旅行に関して連邦航空局(FDA)の許可を得たことが明らかになり、大幅高となった。クルーズ船を運営するカーニバル(CCL)やノルウェージャンクルーズ(NCLH)は今週末から15カ月ぶりに米国の港からの運航が再開されることが好感され、上昇。動画配信のネットフリックス(NFLX)はアナリストの投資判断引き上げを受けて、上昇した。また、
スポーツ用品メーカーのナイキ(NKE)や自動車販売会社のカーマックス(KMX)は四半期決算の予想を上回った内容が好感され、それぞれ買われた。

ボストン連銀のローゼングレン総裁は、FRBの利上げの条件が2022年末までに達成される可能性があると指摘した。

(Horiko Capital Management LLC)

《YN》

提供:フィスコ
法制化、耐久、理事会、比率、推移、大手、下落、好感、提示、制度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です