東京株式(前引け)=反落模様眺前場安値引

28日前引けの日経平均株価は前営業日比81円25銭安の2万8984円93銭と反落。前場の東証1部の売買高概算は4億2833万株、売買代金概算は9518億円。値上がり銘柄数は1274、対して値下がり銘柄数は791、変わらずは125銘柄だった。

きょう前場の東京株式市場は方向感なくもみ合うなかも、日経平均は前場終盤に下げ幅を広げ、結局前場は安値引けとなった。前週末のNYダウ上昇もそれに追随してリスクを取る動きに乏しい。鉄鋼や海運など景気敏感セクターに高いものが目立ち全体相場を支えているが、半導体関連の主力株が売られるなど、電機や精密といったハイテクセクターに軟調な銘柄が多く、全体相場は盛り上がりを欠いている。売買代金は低調で1兆円大台を下回った。

個別ではレーザーテック<6920>が軟調で、東京エレクトロン<8035>も売られた。エーザイ<4523>も冴えない。アイモバイル<6535>が急落、Robot Home<1435>、ブイキューブ<3681>などの下げも目立った。半面、ファーストリテイリング<9983>が高く、任天堂<7974>もしっかり。日本製鉄<5401>、日本郵船<9101>が買われ、花王<4452>なども上昇した。ディー・エル・イー<3686>が活況高、ワイエイシイホールディングス<6298>、KIMOTO<7908>などの上げ足も目立つ。

出所:MINKABU PRESS

代金、精密、方向感、下回、株式、追随、主力、敏感、平均、結局前場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です