東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は6日ぶり反落FAC

29日前引けの東証マザーズ指数は前日比6.06ポイント安の1200.98ポイントと6日ぶり反落。値上がり銘柄数は144、値下がり銘柄数は192となった。

個別ではアクシス<4012>、JTOWER<4485>、アンジェス<4563>、セレンディップ・ホールディングス<7318>、アイ・パートナーズフィナンシャル<7345>など6銘柄が年初来安値を更新。G-FACTORY<3474>、インパクトホールディングス<6067>、大泉製作所<6618>、Lib Work<1431>、メルカリ<4385>は値下がり率上位に売られた。

一方、FRONTEO<2158>、ユナイテッド<2497>、サンワカンパニー<3187>、グランディーズ<3261>、AI CROSS<4476>など13銘柄が年初来高値を更新。コンフィデンス<7374>、モダリス<4883>、アクリート<4395>、メドレックス<4586>、ソフトマックス<3671>は値上がり率上位に買われた。

来安、上位、年初、更新、gt、JTOWER、lt、個別、銘柄、FACTORY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です