ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は反発

30日大引けの日経ジャスダック平均は前日比11.02円高の3997.50円と反発。値上がり銘柄数は296、値下がり銘柄数は281となった。

個別では第一建設工業<1799>、ソーバル<2186>、翻訳センター<2483>、ULSグループ<3798>、グローバルインフォメーション<4171>など17銘柄が年初来高値を更新。アイビー化粧品<4918>、デイトナ<7228>、データ・アプリケーション<3848>、リバーエレテック<6666>、プリントネット<7805>は値上がり率上位に買われた。

一方、YKT<2693>、日本マクドナルドホールディングス<2702>、MITホールディングス<4016>、日本パレットプール<4690>、スーパーツール<5990>など8銘柄が年初来安値を更新。ケイティケイ<3035>、銚子丸<3075>、シキノハイテック<6614>、Speee<4499>、イメージ ワン<2667>は値下がり率上位に売られた。

上位、年初、更新、一建、lt、設工業、個別、gt、来高値、化粧品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です