マザーズ先物概況:続落下落上値重日線

5日のマザーズ先物は前日比12.0pt安の1169.0ptとなった。なお、高値は1187.0pt、安値は1167.0pt、取引高は2214枚。本日のマザーズ先物は、米国市場やナイトセッションが上昇した流れを受けて、反発でスタートした。現物株の寄り付き後は、フリー<4478>やプレミアアンチエイジング<4934>など時価総額上位の銘柄が強含みとなり、マザーズ先物も堅調に推移し、一時は15.0pt高まで上昇する場面があった。しかし、その後は、上昇していた時価総額上位のメルカリ<4385>やBASE<4477>などがマイナスに転じたことが相場の重しとなり、マザーズ先物も下落に転じ軟調な値動きでの推移となった。日足チャートでは、一時は5日線を上に抜ける場面があったものの、売りに押され75日線まで下落する上値の重い値動きとなった。
《FA》

提供:フィスコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です