スライブ・マーケット社がIPOを検討IPO検討

自然食品やオーガニック食料品の会員制オンライン販売を手掛けるスライブ・マーケット社がIPOを検討しており、20億ドル以上の評価を求めている。ブルームバーグが関係者の話として伝えた。同社はゴールドマンと協議しているという。

スライブ・マーケットはロサンゼルスに本社があり、主に高級ブランドを取り扱っている。会員は会費を支払うことで、卸売価格で商品を購入できるホールフーズ型のビジネスモデル。注文ごとに平均32ドルを節約できるとしており、自社ブランドの商品も販売している。

設立は2014年。2019年に投資会社インバスを相手に転換社債を発行。他には、グレイクロット、ヘッドライン、マック・ベンチャーキャピタルなどの投資会社が主要株主に名を連ねている。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美
注文、商品、本社、平均、販売、卸売価格、節約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です