東京株式(大引け)=177円安と3日続落急速後場

9日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落。前日の米株安もあり日経平均株価は一時700円近い下落となる場面があったが、後場に入り下げ幅は急速に縮小した。

大引けの日経平均株価は前日比177円61銭安の2万7940円42銭。東証1部の売買高概算は14億2564万株。売買代金概算は3兆3240億円となった。値上がり銘柄数は907と全体の約41%、値下がり銘柄数は1175、変わらずは110銘柄だった。

前日の米株式市場では、NYダウが259ドル安。世界で新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、米景気の先行き警戒感が台頭した。これを受けた東京市場も売り先行でスタート。日本政府が東京都に4度目の緊急事態宣言を発令する方針を決定したことも嫌気された。景気敏感株などに売りが膨らむなか、日経平均株価は2万8000円を割り込み、一時下げ幅は698円に達した。ただ、後場に入ってからは急速に下げ渋る展開。日銀のETF買いの思惑も台頭し下値には買い戻しが流入し結局、日経平均株価は170円強の下落で取引を終えた。

個別銘柄では、ソフトバンクグループ<9984>やファーストリテイリング<9983>、日本電産<6594>が安い。日本郵船<9101>や三井物産<8031>、日本製鉄<5401>、コマツ<6301>といった景気敏感株が売られた。三井住友フィナンシャルグループ<8316>や東京海上ホールディングス<8766>、第一生命ホールディングス<8750>といった金融株も下落した。

半面、レーザーテック<6920>が高く、任天堂<7974>や東京エレクトロン<8035>、ソニーグループ<6758>、日立製作所<6501>は一時マイナス圏に下落したが、後場に買い戻され値を上げた。アドバンテスト<6857>や日本電信電話<9432>、富士通<6702>も高い。SHIFT<3697>やJTOWER<4485>、アイドマ・ホールディングス<7373>が上昇した。

出所:MINKABU PRESS

概算、代金、平均、日比、東証、銘柄、億円、銘柄数、売買高

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です