日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は4日ぶりの大幅反発銘柄円押

12日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり217銘柄、値下がり7銘柄、変わらず1銘柄となった。

日経平均は4日ぶり大幅反発。640.36円高の28580.78円(出来高概算5億6000万株)で前場の取引を終えている。9日の米株式市場でNYダウは反発し、448ドル高となった。長期金利の上昇とともに世界経済の減速懸念が和らぎ、NYダウとナスダック総合指数、S&P500指数は揃って過去最高値を更新した。また、東京市場では上場投資信託(ETF)の分配金捻出に絡んだ売り一巡も意識され、週明けの日経平均は472円高からスタート。アジア市場も中国・上海株を中心におおむね堅調な展開となり、こうした海外株高を支援材料に日経平均は前引けにかけて28595.12円(654.70円高)まで上昇する場面があった。

値上がり寄与トップはファナック<6954>、同2位はファーストリテ<9983>となり、2銘柄で日経平均を約118円押し上げた。ファナックに関しては、5月の機械受注統計の結果も追い風との指摘も。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップもファナックで6.60%高、同2位は安川電機<6506>で5.91%高だった。安川電機は、先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は129億円で前年同期比2.1倍と急拡大。さらに、通期予想は従来の420億円から540億円にまで上方修正、年間配当金も40円から52円に引き上げたことが好感されている。

一方、値下がり寄与トップはエーザイ<4523>、同2位はJR東海<9022>となり、2銘柄で日経平均を約9円押し下げた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップもエーザイで2.34%安、同2位は川崎汽船<9107>で0.82%安だった。エーザイは、米食品医薬品局(FDA)のウッドコック局長代行が「アデュカヌマブ」の承認を巡って、米保健福祉省に調査を求めたと伝わったことで不透明感が台頭。

*11:30現在

日経平均株価 28580.78(+640.36)

値上がり銘柄数 217(寄与度+650.54)
値下がり銘柄数 7(寄与度-10.18)
変わらず銘柄数 1

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<6954> ファナック 27535 1705 +61.40
<9983> ファーストリテ 81260 1580 +56.90
<9984> ソフトバンクG 7547 220 +47.54
<8035> 東エレク 46690 850 +30.61
<6098> リクルートHD 5726 212 +22.90
<6367> ダイキン 21920 620 +22.33
<4063> 信越化 18235 545 +19.63
<6857> アドバンテ 9730 240 +17.29
<2413> エムスリー 7802 171 +14.78
<6971> 京セラ 6842 204 +14.69
<6758> ソニー 11420 365 +13.14
<6506> 安川電 5730 320 +11.52
<6645> オムロン 9280 310 +11.16
<9433> KDDI 3500 50 +10.80
<4519> 中外薬 4215 91 +9.83
<6762> TDK 13540 270 +9.72
<6988> 日東電 8280 270 +9.72
<4503> アステラス薬 1920.5 49.5 +8.91
<7267> ホンダ 3560 112 +8.07
<7832> バンナムHD 7447 214 +7.71

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<4523> エーザイ 10445 -250 -9.00
<9022> JR東海 17200 -125 -0.45
<9766> コナミHD 6290 -10 -0.36
<9021> JR西日本 6510 -32 -0.12
<9107> 川崎船 3620 -30 -0.11
<9020> JR東日本 8087 -24 -0.09
<9202> ANA 2728.5 -14.5 -0.05

《CS》

提供:フィスコ
平均、指数、概算、上海、中国、株式、支援、大幅、分配、海外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です