後場の日経平均は208円高でスタート後場概況

日経平均 : 28777.50 (+208.48)
TOPIX : 1967.21 (+13.88)

[後場寄り付き概況]

後場の日経平均は前日比208.48円高の28777.50円と午前の終値より若干上げ幅を縮小して取引を開始した。ランチタイム中の225先物は横ばいで推移。アジア市場は値上がり目立つ。為替は1ドル=110円30銭台と朝方から横ばいで推移。午前の日経平均は、米国市場で主要3指数が連日の年初来高値を更新した流れを受けて、続伸となった。後場の日経平均は午前の終値より上げ幅を縮小してスタートした。午前に引き続き、ソフトバンクG<9984>やファーストリテイリング<9983>など指数に寄与度の高い銘柄が上昇して相場をけん引しているが、外資系証券が半導体関連銘柄の投資判断を引き下げしており、レーザーテック<6920>やアドバンテスト<6857>などが下落していることが相場の上値を抑えているもようだ。

セクター別では、鉱業、海運業、保険業、その他金融業などが上昇率上位となっており、一方、陸運業、その他製品、空運業、サービス業が下落率上位となっている。東証1部の売買代金上位では、ソフトバンクG、ソニーG<6758>、レノバ<9519>、ファーストリテイリング、トヨタ<7203>が高く、レーザーテック、任天堂<7974>、東京エレクトロン<8035>、アドバンテスト、安川電機<6506>、村田製作所<6981>が安い。
《CS》

提供:フィスコ
後場寄、概況

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です