米国財務省のオークションの需要は弱く、10年間の米国財務省の利回りは1.42%を突破しました

火曜日(7月13日)米国株式の正午の東部時間、米国財務省は30年国債で240億ドルをオークションにかけ、勝率は2.000%でした。発行前の利回りよりも高い1.976%の利回りは2.4ベーシスポイント高く、発行前の利回りよりも高いこのいわゆるテールは昨年8月以来最大であり、入札需要の低さを浮き彫りにしている。

さらに、この入札の入札倍率はわずか2.19で、今年2月以来最低であり、過去6回の平均の2.32分の1です。同時期、国債の公開買付けの倍数は2.29でした。 この結果は、入札需要の低さも浮き彫りにしています。

配分率では、今回の外国中央銀行を含む間接購入者の配分率は61.5%で、先月の米国30年を下回っている。オークション。債務時64%、6回平均62.4%、連邦準備銀行やその他の米国連邦政府機関を含む直接購入者には、昨年11月以来の最低の16.6%が割り当てられ、その能力を備えています。売れなかった国債をすべて買い取り、オークション中止義務へのプライマリーディーラーの配分率は22.3%と昨年10月以来の高水準。

一般的に、このオークションの需要は市場の予想よりも弱いです。

オークション結果の発表後、長期米国債の利回りは大幅に上昇しました。10年物米国債の利回りは1.40%でした。そして最高は1​​.42%を突破しました。 30年物米国債の利回りはかつて2.00%を上回り、7月6日火曜日以来の日中最高値を更新しました。 ??どちらも6月に発表された米国のCPIデータよりも高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です