東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は反落ASJ

15日前引けの東証マザーズ指数は前日比16.37ポイント安の1167.46ポイントと反落。値上がり銘柄数は85、値下がり銘柄数は273となった。

個別ではベガコーポレーション<3542>、イルグルム<3690>、日本情報クリエイト<4054>、インターファクトリー<4057>、rakumo<4060>など16銘柄が年初来安値を更新。ワンダープラネット<4199>、ASJ<2351>、SERIOホールディングス<6567>、チームスピリット<4397>、ロコンド<3558>は値下がり率上位に売られた。

一方、AHCグループ<7083>が一時ストップ高と値を飛ばした。ジェイグループホールディングス<3063>、海帆<3133>、シンメンテホールディングス<6086>、NexTone<7094>、ステムセル研究所<7096>など6銘柄は年初来高値を更新。バリュエンスホールディングス<9270>、Enjin<7370>、日本電解<5759>、Branding Engineer<7352>、グッドスピード<7676>は値上がり率上位に買われた。

来安、上位、日本、年初、更新、lt、gt、個別、ASJ、SERIO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です