アジア株は下落 米株先物の下げや感染再拡大を懸念した売り続く

アジア株は下落 米株先物の下げや感染再拡大を懸念した売り続く

東京時間14:01現在
香港ハンセン指数 27545.40(-459.28 -1.64%)
中国上海総合指数 3528.16(-11.15 -0.31%)
台湾加権指数 17798.18(-97.07 -0.54%)
韓国総合株価指数 3245.61(-31.30 -0.96%)
豪ASX200指数 7282.80(-65.32 -0.89%)
インドSENSEX30種 52784.62(-355.44 -0.67%)

アジア株は全面安。原油安や米株先物の下げ、感染再拡大を懸念した売りが続いている。NY原油価格は時間外で一時、1バレル=71ドル台を割り込んだ。米株指数は時間外で下落、ダウ先物は180ドル安。欧米やアジアなど世界各地で感染力の強いデルタ株が広まっており、感染再拡大への懸念が高まっている。豪州ニューサウスウェールズ州の州都シドニーでは一部事業に対し、コロナ規制が一段と強化されたほか、ビクトリア州でも州都メルボルンを含む全地域でロックダウンが延長になった。韓国では週末で検査数が少ないにも関わらず新規感染者が1000人台となり、日曜日として過去最多を更新した。首都圏で導入されている厳しいコロナ規制が全地域でも近く導入されるもよう。タイやフィリピンなど東南アジアでも感染者が急増している。

香港市場では瑞声科技やテンセント・ホールディングスなどハイテク関連の下げが目立つ。美団は4.4%安と下落率トップ。
原油や金など商品価格の下落を受け、豪州市場では素材とエネルギー関連が総じて下落。オイル・サーチは4.6%安、サントスは2.6%安。BHPビリトンは2.5%安、リオティントは1.9%安。
韓国では感染「第4波」懸念が一段と高まっており、旅行や航空関連が下落している。アシアナ航空は8.3%安、ハナ・ツアー・サービスは2.6%安、済州航空は2.1%安。

出所:MINKABU PRESS
指数、台湾、香港、中国上海、3528.16、0.31、17798.18、11.15、br、東京時間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です