アジア株 軒並み下落、香港株は急反落

東京時間18:05現在
香港ハンセン指数 27489.78(-514.90 -1.84%)
中国上海総合指数 3539.12(-0.18 -0.01%)
台湾加権指数 17789.25(-106.00 -0.59%)
韓国総合株価指数 3244.04(-32.87 -1.00%)
豪ASX200指数 7285.98(-62.14 -0.85%)
インドSENSEX30種 52508.04(-632.02 -1.19%)

19日のアジア株は軒並み下落。週明けの米国株価指数先物の時間外取引での下げや原油先物の下落、新型コロナウイルスの感染再拡大を警戒した売りに押された。香港株は急反落。米株先や原油先物の下げが重石となった。

上海総合指数は小幅続落。免税品などの販売会社の中国旅遊集団中免、酒造会社の貴州茅臺酒が買われる一方で、石油大手の中国石油天然気(ペトロチャイナ)、太陽光エネルギー関連メーカーの隆基緑能科技、航空機メーカーの中航沈飛が売られた。

香港ハンセン指数は急反落。オンライン生活関連サービス企業のメイトゥアン、インターネット・インフラ事業のアリババ・グループ・ホールディング、保険会社の友邦保険控股(AIAグループ)、通信関連サービスの騰訊控股(テンセント・ホールディングス)、電気自動車(EV)メーカーのBYD(比亜迪)が売られた。

豪ASX200指数は反落。資源・鉱山会社のBHPグループ、鉱物探査会社のフォーテスキュー・メタルス・グループ、石油・ガス会社のウッドサイド・ペトロリアム、ガス・石油の探査会社のオイル・サーチ、求人ウェブサイトのシークが売られた。

出所:MINKABU PRESS
原油、下落、香港、警戒、感染、指数、米国株価、軒並、週明、再拡大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です