日経平均20日大引け=5日続落、264円安の2万7388円

20日の日経平均株価は前日比264.58円(-0.96%)安の2万7388.16円と5日続落し取引を終了した。東証1部の値上がり銘柄数は441、値下がりは1655、変わらずは95と、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を大幅に上回った。

日経平均マイナス寄与度は30.97円の押し下げでファストリ <9983>がトップ。以下、SBG <9984>が24.85円、ファナック <6954>が22.33円、ダイキン <6367>が9.9円、TDK <6762>が9.72円と並んだ。

プラス寄与度トップはキヤノン <7751>で、日経平均を12.37円押し上げ。次いでエプソン <6724>が6.77円、オリンパス <7733>が3.02円、キッコマン <2801>が2.52円、塩野義 <4507>が1.87円と続いた。

業種別では33業種中31業種が下落し、上昇は精密機器、食料の2業種のみ。値下がり1位は鉱業で、以下、不動産、非鉄金属、石油・石炭、空運、鉄鋼が並んだ。

平均、lt、gt、SBG、30.97、9.72、9.9、TDK、24.85、22.33

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です