米国株の終値:デルタ株が売りの熱狂を引き起こし、3つの主要指数が急落し、ダウは700ポイント以上下落した

ファイナンスAP通信(上海編集者Xia Junxiong)は、デルタウイルスの世界的な広がりの影響を受けて、東部時間の月曜日に市場のパニックに火をつけ、米国の株価指数は急落しました。3つの主要な株価指数はさらに下落しました。ダウそれは一度に900ポイント以上下落し、最終的に700ポイント以上下落しました。これは昨年10月以来最大の低下です。

投資家は循環株を急落しました。エネルギー、金融、産業セクターがS&P 500指数の低下を主導しました。ナスダックは、5取引日連続で下落しましたが、昨年10月以来最大の低下を記録しました。 ワクチンコンセプト株は市場を下回り、上昇し、Novavax Pharmaceuticalsは12%以上上昇し、Modernaは9%以上上昇しました。

フィエラキャピタルのポートフォリオマネージャーであるキャンディスバンスンド氏は、デルタ株が広がるにつれて、景気回復の持続可能性が試されるが、そのような変化は実質的な景気回復を妨げるよりも遅れる可能性が高いと述べた。

モルガン・スタンレーのチーフ米国エクイティストラテジスト、マイク・ウィルソン氏は、景気が回復し、企業業績の成長が大幅に鈍化するにつれて、市場は防御的な姿勢を示すだろうと語った。 FiduciaryTrustの最高投資責任者であるHansOlsenは、市場が修正される可能性があると予測しています。

マーケットダイナミクス

終値の時点で、ダウジョーンズ指数は2.09%下落して33,962.04ポイント、S&P 500指数は1.58%下落して4,258.63ポイント、ナスダック指数は1.06%下落しました。 14,275.00ポイントで報告されました。

ホットストックのパフォーマンス

ほとんどの大型テクノロジー株は閉鎖され、Netflixは0.37%上昇し、Appleは2.69%低下し、Amazonは0.67%低下し、Facebookは1.23%低下し、Googleは1.97%低下し、Microsoft 1.33%落ちました。 テスラは0.31%、ワイライモーターズは1.29%、シャオペンモーターズは1.77%、イデアルモーターズは0.73%、ワークハウスは0.45%、ニコラは0.43%、ローズタウンは2.69%上昇しました。

中国の人気コンセプト株は全般的に下落しました。NetEaseは0.13%、JD.comは1.81%、Alibabaは1.50%、Bilibiliは0.49%、Tencent Musicは2.65%、Pinduoduoは2.57%、Baiduは1.74下落しました。 %、iQiyiは0.16%、Didiは7.60%、New Orientalは9.60%下落しました。

会社のニュース

[フォルクスワーゲンは米国でのパサートの生産を停止します]

月曜日の現地時間、フォルクスワーゲンはパサートの生産と販売を停止すると発表しました。来年はアメリカで。 フォルクスワーゲンは�アトラスSUVはテネシー州で生産され、電気ID.4SUVは来年米国工場で生産される予定です。

[BioNTechがGileadの子会社TCR-T施設を買収]

現地時間月曜日、ドイツのバイオテクノロジー企業BioNTechは、同社がGileadの子会社Kiteと合意に達したと発表しました。固形腫瘍TCR療法のためのR&Dおよび生産施設。 BioNTechはすべての取引手数料を一度に支払うと報告されており、取引は今年7月に完了する予定ですが、同社は具体的な金額を明らかにしていません。

[ゼネラルモーターズが3台目の電動ピックアップトラックを確認]

GMは月曜日に、同社が今後数年間で少なくとも3台の大型電動ピックアップトラックを発売することを確認した。 GMの新たに発表された3番目のピックアップはGMCフルサイズ電気ピックアップです。GMCハマー電気自動車とシボレーシルベラード電気自動車は以前に発表されています。

[AMCシネマズがグローブとアメリカーナとリース契約を締結]

現地時間月曜日、世界最大のシネマチェーンAMCは、カルーソの賃貸料からグローブとアメリカーナブランドのシネマを再開することに合意したと発表しました。これら2つのブランドの映画館。 グローブとアメリカーナはロサンゼルスで最も人気のある2つの劇場であると報告されています。 AMCのCEOであるAdamAronは、どちらの劇場も世界クラスのリビングセンターにあり、最高の小売、ケータリング、エンターテイメントサービスを提供していると述べました。

[IBM第2四半期の収益187.5億米ドル]

東部標準時の月曜日、IBMは2021年の第2四半期の収益を発表しました。 データによると、第2四半期の同社の売上高は187億5000万ドル、市場は182億6000万ドル、第2四半期の1株当たり営業利益は2.33ドル、市場は2.28米ドル。 IBMは、通年の調整後のフリーキャッシュフローが110億米ドルから120億米ドルになると予想しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です