<週末コメント> ─ 来週の相場展望 ─ 2021年7月21日

今週の日経平均終値は2万7548円で、前週末比455円安でした。

今週の日経平均は2週ぶりに大幅反落するなど荒れた展開を強いられています。東京の新型コロナの新規感染者数が4ケタを超えてくるにつれて日経平均の下げ足が早まるなど、コロナの感染状況と完全にリンクした下げ相場にあることが分かります。特にデルタ株は今年一番の脅威となっているようで、あれほど強かった米国や欧州株が一時急落商状に陥るなど、これまでの新型コロナとはちょっと違ったステージにあるようにも見受けられます。日本の場合はワクチン接種がスピードダウンしてくるところに東京五輪開幕というミスマッチの状況にあり、より買いにくいところにあるといえるでしょう。週足チャートはボックス下限を破りそうな弱もち合いを継続中。ただ、2週間前の安値を大きく割り込んでいる状況ではないので、2万7000円台前半ではそれなりの下値抵抗力があるようです。夏相場(五輪相場)はコロナ次第ではありますが、ひとつ、2万7000円台を守れるかが焦点となってきそうです。守られればここのゾーンが底値ということになります。(ストック・データバンク 編集部)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です