投信・基準価額騰落率ランキング 7月第3週(7月19日~7月21日)

7月第3週の上昇ランキングの上位2ファンドは、バイオ関連のテーマ型ファンドとなりました。

下落ランキング上位3ファンドの基準価額下落の主な要因は分配金によるものです。「グローバル・ロボティクス株式ファンド(為替ヘッジあり・年2回決算型)」と「グローバル・ロボティクス株式ファンド(年2回決算型)」ともに1500円、「ニッセイ北欧株式ファンド(為替ヘッジなし)(オーロラスター)」は800円を期中に分配しています。

○上昇ランキング(ブル・ベア型ファンド除く)
1位 +4.14% eMAXIS Neo遺伝子工学
運用会社:三菱UFJ国際投信

2位 +3.77% USバイオ・ベンチャー(限定追加型)
運用会社:ベイビュー・アセット・マネジメント

3位 +3.67% テーマレバレッジDX2倍
運用会社:大和アセットマネジメント

○下落ランキング(ブル・ベア型ファンド除く)
1位 -14.10% グローバル・ロボティクス株式ファンド(為替ヘッジあり・年2回決算型)
運用会社:日興アセットマネジメント

2位 -13.86% グローバル・ロボティクス株式ファンド(年2回決算型)
運用会社:日興アセットマネジメント

3位 -8.88% ニッセイ北欧株式ファンド(為替ヘッジなし)(オーロラスター)
運用会社:ニッセイアセットマネジメント

株式、下落、北欧、分配、要因、上位、期中、基準価額、回決算型、為替

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です