東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は続伸、コラントッテ、ランディクスが買われる

26日前引けの東証マザーズ指数は前営業日比9.66ポイント高の1147.65ポイントと続伸。値上がり銘柄数は243、値下がり銘柄数は113となった。

個別ではランディックス<2981>、i-plug<4177>、シンメンテホールディングス<6086>、ポート<7047>、リファインバースグループ<7375>が年初来高値を更新。コラントッテ<7792>、ブティックス<9272>、ラキール<4074>、カイオム・バイオサイエンス<4583>、トヨクモ<4058>は値上がり率上位に買われた。

一方、ロコンド<3558>、モブキャストホールディングス<3664>、イルグルム<3690>、CRI・ミドルウェア<3698>、エコモット<3987>など26銘柄が年初来安値を更新。ベイシス<4068>、マクアケ<4479>、アシロ<7378>、ステムセル研究所<7096>、チームスピリット<4397>は値下がり率上位に売られた。

上位、年初、更新、lt、個別、gt、来高値、plug

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です