インフレが激しい! 玩具大手のマテルが値上げの波に加わり、原材料費の高騰に対処

Financial Association(上海、編集者Bian Chun)は、世界経済が新たな王冠の流行から回復するにつれて、原材料と輸送のコストが高騰したと報告しました。 コカ・コーラとユニリーバに続いて、おもちゃの巨人マテルも値上げの波に加わった。 同社は火曜日(7月27日)、コストの上昇によりクリスマス前に値上げを余儀なくされたと警告した。

カリフォルニア州エルセグンドに本社を置くマテルは、世界最大の玩具会社です。 同社は、フィッシャー、バービー、ホットウィールなどを含む多くのブランドを所有しています。

「今年の後半に値上げを検討する」とマテルのCEO、イノン・クレイズ氏は火曜日のメディアとのインタビューで語った。 「どの製品が影響を受けるかはまだわかっていないが、これはいくつかのインフレ圧力に対応している」と彼は付け加えた。

Kreizはまた、値上げをしなければならない会社は彼の会社だけではないと指摘しました。 「これを行っているのは私たちだけではありません。私たちの業界では、誰もがそれを行っています。値上げに驚かされることはありません。」

Kreizで送信上記の警告の時点で、マテルの第2四半期報告書はウォールストリートの予想を破り、四半期の売上高は前年比40%増の10.3億米ドルに達しました。 その中で、マテルの最大のブランドであるバービー(バービー)の売上高は46%増加し、玩具車ブランドのホットウィール(ホットウィール)の売上高は67%増加しました。

さらに、第2四半期の同社の調整後1株当たり利益は3セントであり、市場のコンセンサスである1株当たり純損失5セントを上回りました。

昨年、流行の封鎖中に人々が子供たちを幸せにするためにこの象徴的なおもちゃに目を向けたため、バービー人形の売り上げが急増しました。 同時に、マテルはバービー人形をより多様にし、さまざまな形や職業を持たせるために一生懸命取り組んでおり、それも顧客の共感を呼んだ。 今月初め、同社はテニス界のスーパースター、大坂なおみをベースにした人形を発売した。

流行の間、さまざまな業界の多くの人々が同社は、出荷の遅れやその他の問題により操業を中断した。 マテルもサプライチェーンの問題に直面したものの、事業規模の問題で最も深刻な問題を回避したため、第2四半期には事業に影響はなかったとクライズ氏は語った。

財務報告が発表された後、火曜日の市場後、マテルの株価は5%以上上昇しました。 在庫は過去12か月で81%上昇し、今年はこれまでに17%上昇しています。

インフレ圧力のストライキの下で価格が上昇する

激しいインフレに直面して、多くの企業はコスト圧力に耐えることができず、次々と価格を上げることができません。

消費財大手のユニリーバは先週、原材料、梱包、輸送のコストの上昇に対処するのに苦労していると述べました。 -年間の収益性。 同社はまた、あらゆる面でコストの全体的な上昇に対処するために、一連の製品の価格上昇を加速すると警告した。 同社は第2四半期に1.6%値上げしました。

Procter&Gambleは以前、商品コストの上昇に対処するために、今秋からベビーケア、フェミニンケア、アダルトケア製品の価格を引き上げると発表しました。 今年の4月、コカ・コーラはまた、商品コストの上昇による圧力に対応するために価格を引き上げると発表しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です