日経平均は416円安、引き続き新型コロナや中国リスクを警戒

日経平均は416円安(13時20分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>などがマイナス寄与上位となっており、一方、テルモ<4543>、日清粉G<2002>、ソニーG<6758>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、金属製品、サービス業、情報・通信業、空運業、その他製品が値下がり率上位、鉄鋼、パルプ・紙、石油石炭製品、繊維製品が値上がりしている。

日経平均は後場も軟調な動きとなっている。引き続き新型コロナや中国リスクが警戒され、株価の重しとなっているようだ。

《FA》

提供:フィスコ
警戒、中国、平均、軟調、後場、株価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です