日経平均28日前引け=4日ぶり反落、321円安の2万7648円

28日前引けの日経平均株価は4日ぶり反落。前日比321.45円(-1.15%)安の2万7648.77円で前場の取引を終了した。東証1部の値上がり銘柄数は458、値下がりは1604、変わらずは117と、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を大幅に上回った。

日経平均マイナス寄与度は56.39円の押し下げでSBG <9984>がトップ。以下、ファストリ <9983>が53.3円、東エレク <8035>が44.29円、アドテスト <6857>が20.17円、エムスリー <2413>が19.27円と並んだ。

プラス寄与度トップはテルモ <4543>で、日経平均を7.63円押し上げ。次いでソニーG <6758>が3.42円、日清粉G <2002>が2.99円、コマツ <6301>が1.64円、ホンダ <7267>が1.15円と続いた。

業種別では33業種中8業種が値上がり。1位は鉄鋼で、以下、繊維、石油・石炭、パルプ・紙が続いた。値下がり上位には金属製品、サービス、情報・通信が並んだ。

平均、SBG、lt、gt、56.39、44.29、20.17、19.27、53.3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です