自由|JR、消費税除き初、コロナで業績悪化

 JR九州は3日、2022年4月1日から在来線特急の自由席料金を平均で4割値上げすると発表した。最大となる区間では6割上げる。新型コロナウイルスによる旅客減少で業績が悪化したことを受けた措置。同社では消費税増税に伴う料金改定を除くと、1987年の会社発足以降で初めての自由席料金値上げとなる。

 距離に応じて料金を設定しており2~6割値上げする。特急の指定席料金は現在530円上乗せしているが、一部の期間では730円に引き上げる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です