国内外|高沢氏、自家飼料での肥育、人間の健康を重視 生産者のこだわり 素晴らしい

本別産食材のブランド化や輸出に意欲を示す高沢直之氏本別産食材のブランド化や輸出に意欲を示す高沢直之氏

 【本別】旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)は、町内美蘭別の福田農場(福田博明社長)のブランド牛「美蘭牛福姫」を国内外に出荷する。事業多角化の一環で道内での農業参入を視野に入れており、今回がその一歩となる。同社の「フードプロジェクト」を主導する商社事業部プロジェクトマネージャーの高沢直之氏(44)に今後の戦略などを聞いた。(聞き手・岡田圭史)

 ――大手ホテルのフランス料理のシェフや、南極地域観測隊の調理担当を務めるなど、異色の経歴ですね。

 「食を通じた挑戦が好きで、海外での経験や人脈を買ってくれた北海道経済産業局や農林水産省と海外販路開拓を手掛けたのをきっかけに、日本の食文化を発信しています。HIS入社後は、料理人目線で海外のシェフに直接アプローチするなど輸出実績は数十億円に上ります」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です