NY金:上げ渋りで1814.50ドル、1835.30ドルまで反発も上げ幅縮小

NY金先物12月限は上げ渋り(COMEX金12月限終値:1814.50 ↑0.40)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は、前営業日比+0.40ドルの1814.50ドルで通常取引終了。時間外取引を含めた取引レンジは1808.30ドル-1835.30ドル。ニューヨーク市場の序盤にかけて1835.30ドルまで買われたが、その後1808.30ドルまで反落。通常取引終了後の時間外取引では1815ドル近辺で推移した。
《FA》

提供:フィスコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です