マザーズ指数は続伸、終値で5日線水準回復、売買なお低調/マザーズ市況

本日のマザーズ市場では、朝方こそ売りが先行したものの、その後伸び悩む日経平均とは対照的に堅調な展開となった。年初来安値1040.58pt(取引時間中)に迫る1050pt近辺では押し目買いが入ったほか、人気銘柄の急落に一服感が出て、追い証(追加担保の差し入れ義務)発生に伴う売りへの懸念が和らいだとみられる。ただ、売買は前週に続き低調だった。なお、マザーズ指数は続伸、終値ベースで1070pt台に位置する5日移動平均線を上回った。売買代金は概算で943.20億円となったが、売買代金が1000億円を下回るのは前週の5日に続いてで、水準としては昨年4月10日以来の少なさだった。騰落数は、値上がり295銘柄、値下がり68銘柄、変わらず10銘柄となった。
個別では、時価総額トップのメルカリ<4385>が小高い。一部証券会社が投資判断「中立」を維持しつつ、目標株価を引き上げた。ビジョナル<4194>は堅調。売買代金上位では6月上場のベイシス<4068>、それに業績下方修正後の株価調整に一服感のあったマクアケ<4479>が大幅上昇した。また、グローバルW<3936>が連日でストップ高を付け、フォースタ<7089>も前週末に続き買い気配のままストップ高比例配分となった。一方、時価総額上位のフリー<4478>とJMDC<4483>は小安い。売買代金上位ではPアンチエイジ<4934>が売りに押され、BASE<4477>は大きく下落。また、Fringe81<6550>などが下落率上位に顔を出した。
《HK》

提供:フィスコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です