マンバンの第2四半期の総純利益は11億元、前年比100.9%の増加、19.6億元の純損失、3600万件の注文完了

8月10日のシロナガスクジラTMTチャンネルのニュース、マンバングループは本日2021年の財務報告の第2四半期を発表しました。 財務報告によると、2021年第2四半期の総純利益は11億1880万人民元で、2020年の同時期の5億5690万人民元から100.9%増加し、純損失は2億9,730万人民元と比較して195億8200万人民元でした。 2020年の同時期に。 2021年第2四半期の非GAAP調整後純利益は9,950万元でしたが、2020年の同時期の非GAAP調整後純損失は3,910万元でした。

具体的には、2021年第2四半期の貨物マッチングサービスの収益は9億3,760万人民元で、2020年の同時期の4億4,690万人民元から109.8%増加しました。 。 この増加は主に、貨物仲介サービスおよび貨物在庫サービスからの収益の増加、ならびに取引手数料の増加によるものでした。 2021年第2四半期の付加価値サービスの収益は1億8,120万人民元で、主にクレジットソリューションやその他の付加価値サービスにより、2020年の同時期の1億1,000万人民元から64.8%増加しました。

さらに、財務報告によると、2021年の第2四半期の総取引量は740億元に達し、469億から57.8%増加しました。 2020年の同時期の元。 2021年の第2四半期に完了した注文は3600万に達し、2020年の同時期の1920万から87.9%増加しました。 2021年の第2四半期の平均荷送人のMAUは153万に達し、2020年の同時期の109万から40.3%増加しました。

6月22日の夜、マンバングループはニューヨーク証券取引所に証券コードYMMで正式に上陸しました。 マンバンの見通しによると、2019年と2020年の総純収入はそれぞれ24.731億人民元と25808億人民元になる。 2019年と2020年には、それぞれ15.237億人民元と34.75億人民元の純損失を記録しました。 2019年の米国以外のGAAP調整後純損失は9,280万元、2020年の非米国GAAP調整後純利益は2億8,110万元でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です