JTB|億円調達、銀行団が増資引き受け

JTBのロゴJTBのロゴ

 旅行大手のJTBは10日、主な取引銀行を引受先として第三者割当増資を9月末に実施し、300億円を調達すると発表した。新型コロナウイルス禍で落ち込んだ旅行需要の回復が遅れており、危機の長期化に備えて財務基盤を強化する。

 みずほ銀行と三菱UFJ銀行のほか、三井住友銀行、日本政策投資銀行がそれぞれ手掛けるファンドに対して優先株を発行する。インターネットを介した旅行相談を拡大するなどデジタル化対応に調達資金を充て、ネット専業の旅行会社に対抗する。

 JTBが5月に発表した2021年3月期連結決算は、純損失が1051億円と過去最大の赤字に陥った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です