日本|利益、ゆうちょ銀の運用収益増

 日本郵政が11日発表した2021年4~6月期連結決算は、純利益が前年同期比で約2倍の1597億円だった。新型コロナウイルス感染拡大による経済活動の停滞で大幅減益となった前年同期の反動が主因。ゆうちょ銀行の運用収益増もけん引した。

 ゆうちょ銀は貯金の運用が主な収益源だ。市場の混乱で前年同期は運用収益が悪化したが、今年は海外の投資信託の分配金による利益を確保。投信の解約による利益を繰り入れたこともあり、純利益は約3・6倍の1208億円となった。

 かんぽ生命保険の純利益は前年同期比11・8%減の412億円。

 日本郵便の郵便・物流事業の取扱数量は0・7%減少。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です