東証2部(大引け)=2部指数は5日続伸、扶桑電通、玉井船がS高

13日大引けの東証2部指数は前日比1.70ポイント高の7652.81ポイントと5日続伸。値上がり銘柄数は204、値下がり銘柄数は193となった。

個別では扶桑電通<7505>、玉井商船<9127>がストップ高。児玉化学工業<4222>、大運<9363>は一時ストップ高と値を飛ばした。まんだらけ<2652>、コメ兵ホールディングス<2780>、日本化学産業<4094>、日本ハウズイング<4781>、日本精鉱<5729>など12銘柄は年初来高値を更新。リミックスポイント<3825>、アクロディア<3823>、テクノスマート<6246>、森尾電機<6647>、フライトホールディングス<3753>は値上がり率上位に買われた。

一方、クシム<2345>がストップ安。中小企業ホールディングス<1757>、テクノフレックス<3449>、スーパーバッグ<3945>、日東化工<5104>、エルアイイーエイチ<5856>など11銘柄は年初来安値を更新。栗林商船<9171>、兵機海運<9362>、黒田精工<7726>、Oak キャピタル<3113>、リバーホールディングス<5690>は値下がり率上位に売られた。

日本、化学、商船、扶桑、上位、年初、更新、lt、個別、森尾電機

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です