NY外為:ドル・円一目均衡表の基準線水準試す、米10年債利回り1.3%割れ

NY外為市場でドルは米8月ミシガン大消費者信頼感指数のネガティブサプライズを受けて続落した。ドル・円は110円24銭から109円85銭まで下落し6日来の安値を更新。一目均衡表の雲も下回り、基準線水準の109円76銭を目指す展開となった。

米国債相場は続伸。10年債利回りは一時1.3%割り込んだ。
ダウ平均株価は22ドル高で推移した。

《KY》

提供:フィスコ
推移、平均、続伸、米国債相場、年債利回、br、1.3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です