会社、海外好調、国内店舗は苦戦

 ディスカウント店「ドン・キホーテ」などを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが17日発表した2021年6月期連結決算は、純利益が前期比7・9%増の538億円で過去最高となった。海外事業が好調だった。新型コロナによる外出自粛で国内のディスカウント店は苦戦した。

 売上高も1・6%増の1兆7086億円で、過去最高だった。海外事業は台湾などアジアで8店舗を開店したほか、4月に買収した米国のスーパーチェーンも巣ごもり需要を追い風に売り上げ増に貢献。国内ディスカウントストア事業は訪日外国人の需要消失も続き、既存店ベースの売上高が減少した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です