【デイリーレビュー】デーモンストックヴァリンケーブル10日で9枚! 新株は再び日次限界の波を引き起こし、証券会社の株は一日中不足している

8月18日に金融AP通信が報じたように、今日の大小の指数は反発し、2つの都市で約3,000株が上昇しました。 大手金融セクターが全面的に勃発し、証券会社が国王の復帰を果たし、業界指数は7%近く急上昇しました。 さらに、軍需産業の在庫が活発で、シリコーンがかつての上昇を主導し、新疆ウイグル自治区の地元の在庫も好調でした。

セクターに関して

インデックスと感情がスケジュールどおりに復元された場合、資本の好意のリズムそれでも高と低を切り替えます。 証券や軍事産業などの低レベルであるが繁栄しているセクターは大幅に引き上げられており、高レベルの高繁栄セクターは上下している。

証券セクターは、その綿密な調整と評価における明らかな比較優位により、ファンドに支持されています。 昨日の高値と後退に続いて、証券セクターは今朝契約を強く逆転させ、終日ショートスクイズの傾向から抜け出しました。午前中、オリエント証券、工業証券(601377、株式)の1日制限、午後オリエント証券、 GF証券(000776、株式)、万里の長城証券、南西証券(600369、株式)、中国証券建設投資、カイダ証券の1日あたりの制限。

昨日、証券セクターが上下したのはなぜですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です