【市場反応】米7月住宅着工件数・許可件数、今後の改善織り込みドル強含む

商務省が発表した7月住宅着工件数は前月比‐7.0%の153.4万戸となった。6月165万戸から予想以上に減少。一方、7月住宅建設許可件数は前月比+2.6%の163.5万戸と予想を上回り、今後の住宅着工件数が増加する可能性を示唆した。

10年債利回りは1.275%。ドルは堅調に推移し、ドル・円は109円70銭から109円88銭まで上昇し13日来の高値を更新。ユーロ・ドルは1.1726ドルから1.1715ドルまで弱含んだ。
【経済指標】
・米・7月住宅着工件数:153.4万戸(予想:160.0万戸、6月:165万戸←164.3万戸)
・米・7月住宅建設許可件数:163.5万戸(予想:161.0万戸、6月:159.4万戸)

《KY》

提供:フィスコ
住宅、件数、工件、推移、更新、1.1715、br、年債利回、堅調、1.275

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です