都市|路線減便、北海道中央バス

[PR]

 北海道中央バス(小樽)は21日から当面の間、札幌と釧路などを結ぶ都市間高速バス7路線を減便する。道内への新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の期限が延長となり、需要の減少が長期化すると判断した。

 減便するのは、いずれも札幌発着で他社と共同運行する計22便。内訳はスターライト釧路号1日2便、ポテトライナー(帯広)同4便、ドリーミントオホーツク号同4便、高速はこだて号同2便、高速なよろ号同4便、高速えんがる号同2便、流氷もんべつ号同4便。詳細は同社ホームページで確認できる。(三坂郁夫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です