東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は続伸、GW、フェニクスBがS高

19日前引けの東証マザーズ指数は前日比7.37ポイント高の1045.78ポイントと続伸。値上がり銘柄数は165、値下がり銘柄数は204となった。

個別ではグローバルウェイ<3936>、フェニックスバイオ<6190>がストップ高。エディア<3935>は一時ストップ高と値を飛ばした。ツクルバ<2978>、うるる<3979>、キッズウェル・バイオ<4584>、フリークアウト・ホールディングス<6094>など5銘柄は年初来高値を更新。インティメート・マージャー<7072>、ニューラルポケット<4056>、オキサイド<6521>、Kaizen Platform<4170>、ランサーズ<4484>は値上がり率上位に買われた。

一方、アスカネット<2438>、夢展望<3185>、ピクスタ<3416>、メディア工房<3815>、コラボス<3908>など15銘柄が年初来安値を更新。フォースタートアップス<7089>、ヘッドウォータース<4011>、トレンダーズ<6069>、タメニー<6181>、みらいワークス<6563>は値下がり率上位に売られた。

上位、年初、更新、gt、lt、個別、銘柄、Kaizen、来高値、Platform

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です