東京株式(大引け)=267円安で年初来安値を更新、一時2万7000円を割る

20日の東京株式市場で日経平均株価は続落。自動車株などが売られ7カ月半ぶりに年初来安値を更新した。

大引けの日経平均株価は前日比267円92銭安の2万7013円25銭。東証1部の売買高概算は12億3197万株。売買代金概算は2兆8306億円となった。値上がり銘柄数は693と全体の約32%、値下がり銘柄数は1411、変わらずは85銘柄だった。

日経平均株価は1月6日につけた年初来安値(2万7055円)を更新。一時ザラ場では昨年12月29日以来となる2万7000円割れに売られた。米国で米連邦準備制度理事会(FRB)によるテーパリング(量的緩和縮小)の前倒し観測が浮上したほか、トヨタ自動車<7203>は9月の世界生産を4割減らすことが明らかとなり、自動車株が軒並み安となった。新型コロナウイルス変異種(デルタ株)の世界的な感染拡大が警戒されるなか、海運や鉄鋼、非鉄金属などの景気敏感株が売られた。

トヨタのほか、日産自動車<7201>、ホンダ<7267>、マツダ<7261>、スズキ<7269>など自動車株が安く、デンソー<6902>やアイシン<7259>など自動車部品株も売られた。日本郵船<9101>や商船三井<9104>、川崎汽船<9107>など海運株も急落、日本製鉄<5401>やジェイ エフ イー ホールディングス<5411>といった鉄鋼株も売られた。レーザーテック<6920>やアドバンテスト<6857>、村田製作所<6981>などハイテク株も値を下げた。

半面、任天堂<7974>やソニーグループ<6758>、リクルートホールディングス<6098>が高く、ルネサスエレクトロニクス<6723>やニトリホールディングス<9843>が値を上げた。塩野義製薬<4507>や第一三共<4568>、アステラス製薬<4503>など薬品株の一角が高い。

出所:MINKABU PRESS

最終更新日:2021年08月20日 15時47分

概算、代金、平均、日比、東証、銘柄、億円、銘柄数、売買高

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です