通販市場|兆円超、昨年度、外出自粛で2割増

 通信販売の事業者でつくる日本通信販売協会が23日発表した2020年度の国内通販売上高(推計値)は、前年度比20・1%増の10兆6300億円となり、初めて10兆円を超えた。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、通販需要が急拡大した。

 20%を超える伸び率も、調査を始めた1982年度以来初めてという。家電や家具、食品などが人気で、協会の担当者は「在宅時間を充実させる目的の商品が好調だ」と説明した。

 売上高は衣料品や雑貨、化粧品などの物販が中心。聞き取りで得られた会員企業434社分に、有力な非会員の事業者400社弱分の推計値も加えて算出した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です