アジア株は総じて上昇、ナスダック最高値でハイテク関連に買い集中 テンセントは5%高

アジア株は総じて上昇、ナスダック最高値でハイテク関連に買い集中 テンセントは5%高

東京時間11:02現在
香港ハンセン指数 25539.71(+430.12 +1.71%)
中国上海総合指数 3491.29(+14.16 +0.41%)
台湾加権指数 16852.04(+110.20 +0.66%)
韓国総合株価指数 3134.58(+44.37 +1.44%)
豪ASX200指数 7509.30(+19.37 +0.26%)

アジア株は全面高、前日の米株高を好感して買い優勢で始まった。きのうのダウ平均は200ドル超高、ナスダック指数は史上最高値を更新して取引を終えた。米食品医薬品局(FDA)がファイザー製ワクチンを正式に承認したことで、景気回復ペースが加速するとの期待感が広まっているもよう。

ナスダック最高値を受け、アジア株式市場ではハイテク関連が総じて上昇している。香港市場では美団が6.2%高、テンセントホールディングスが5.1%高、シャオミが2.3%高。韓国市場では、サムスン電子やSKハイニックス、LGディスプレイ、ネイバーの上げが目立つ。

豪州株は上昇も上値の重い展開、感染拡大懸念が重石となっている。ニューサウスウェールズ州で新たに753人のコロナ感染者が確認された。4日ぶりに800人を下回ったものの、依然として高水準となっている。NZでも感染が広がっている。24日に新たに41人の感染者が確認され、計148人になった。

出所:MINKABU PRESS
指数、台湾、香港、中国上海、3491.29、14.16、0.41、1.71、br、東京時間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です