【↓】日経平均 大引け| 3日ぶり反落、朝高も利益確定売りで値を消す (8月25日)

日経平均株価
始値 27768.13
高値 27897.72(09:06)
安値 27684.05(12:30)
大引け 27724.80(前日比 -7.30 、 -0.03% )

売買高 9億1254万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆1187億円 (東証1部概算)

—————————————————————–

■本日のポイント

1.日経平均は小幅ながら3日ぶり反落、朝高後に値を消す
2.米株市場のナスダックとSP500最高値は追い風も上値に重さ
3.新型コロナが懸念される一方、国内に買い手掛かり材料なし
4.ソフトバンクGは後場急速に伸び悩み、全体の足を引っ張る
5.値上がり銘柄と値下がり銘柄の数が拮抗、TOPIXはプラス圏

■東京市場概況

前日の米国市場では、NYダウは前日比30ドル高と3日続伸した。新型コロナウイルスワクチンを正式承認したことでワクチン普及期待が高まり、経済正常化が更に進むとの見方から景気敏感株などが買われた。

東京市場では前日の米株高を受け、朝方はリスク選好の流れで日経平均株価は上値を追ったが、前場終盤を境に急速に伸び悩み、結局マイナス圏で引けた。

25日の東京市場は、朝方は強気優勢の地合いで日経平均は続伸歩調にあった。前日の米国株市場で主要3指数が揃って上昇し、ナスダック総合指数とS&P500指数は過去最高値を更新しており、東京市場もこの流れを引き継ぐ形となった。しかし、日経平均は前日までの2営業日で700円以上の上昇をみせていたこともあり、その後は目先筋の利益確定の動きが表面化する形に。2万7000円台後半では売り圧力が強まり、急速に値を消す展開を強いられた。新型コロナウイルスの感染拡大が警戒されている以外は、明確なマイナス材料は見当たらないものの、国内に買い手掛かり材料も乏しく上値も重い。東証1部の値上がり銘柄数、値下がり銘柄数は拮抗し、いずれも1000を上回った。なお、TOPIXは小幅プラス圏で着地した。

個別では、東京エレクトロン<8035>が軟調、村田製作所<6981>も売られた。ニトリホールディングス<9843>も下落、エムスリー<2413>も安い。コロワイド<7616>が値下がり率トップに売り込まれ、ジェイリース<7187>も急落。グローブライド<7990>、名村造船所<7014>が大幅安となったほか、テンアライド<8207>、も値を下げた。
反面、売買代金トップのソフトバンクグループ<9984>は後場急速に伸び悩んだが小幅プラス圏で着地。トヨタ自動車<7203>が高く、塩野義製薬<4507>も値を飛ばした。ジェイ エフ イー ホールディングス<5411>が物色人気となり、ベイカレント・コンサルティング<6532>も大幅高。クロスキャット<2307>が値上がり率トップに買われ、大真空<6962>も高い。エアトリ<6191>も大きく上値を伸ばした。低位では日本通信<9424>、レオパレス21<8848>が活況高。

日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄は塩野義 <4507> 、ファナック <6954> 、トヨタ <7203> 、SBG <9984> 、デンソー <6902> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約42円。
日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄はエムスリー <2413> 、ファストリ <9983> 、東エレク <8035> 、テルモ <4543> 、アドテスト <6857> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約36円。

東証33業種のうち上昇は17業種。上昇率の上位5業種は(1)鉄鋼、(2)輸送用機器、(3)鉱業、(4)非鉄金属、(5)石油石炭製品。一方、下落率の上位5業種は(1)小売業、(2)パルプ・紙、(3)化学、(4)電気・ガス業、(5)保険業。

■個別材料株

△フロンテオ <2158> [東証M]
慶応大学手塚悟教授と共同研究を開始。
△クロスキャト <2307>
DX関連の出遅れとして頭角現す。
△ケイブ <3760> [JQ]
台湾子会社がデジタルコンテンツビジネスで新展開。
△リミックス <3825> [東証2]
中古車関連の一角として人気加速。
△ユビAI <3858> [JQ]
認証制度「PSA Certified」を取得。
△HENNGE <4475> [東証M]
メール配信サービスがアドビとソリューション連携。
△塩野義 <4507>
開発中の新型コロナワクチンの安全性上の懸念は確認されず。
△フォーカス <4662>
デジタル庁発足目前で官庁DX関連として頭角現す。
△ミナトHD <6862> [JQ]
15万株を上限とする自社株買いを実施。
△大真空 <6962>
5G基地局向けOCXOの需要獲得に期待感。

▼コロワイド <7616>
公募増資による希薄化懸念。
▼ニトリHD <9843>
8月既存店売上高18.5%減で4ヵ月連続前年割れ。

東証1部の値上がり率上位10傑は(1)クロスキャト <2307> 、(2)シンシア <7782> 、(3)大真空 <6962> 、(4)SREHD <2980> 、(5)大研医器 <7775> 、(6)ニーズウェル <3992> 、(7)エアトリ <6191> 、(8)山田コンサル <4792> 、(9)ITFOR <4743> 、(10)日本通信 <9424> 。
値下がり率上位10傑は(1)コロワイド <7616> 、(2)ジェイリース <7187> 、(3)グロブライド <7990> 、(4)名村造 <7014> 、(5)東都水 <8038> 、(6)北陸電工 <1930> 、(7)日シス技術 <4323> 、(8)テンアライド <8207> 、(9)アシックス <7936> 、(10)アドバネクス <5998> 。

【大引け】

日経平均は前日比7.30円(0.03%)安の2万7724.80円。TOPIXは前日比1.46(0.08%)高の1935.66。出来高は概算で9億1254万株。東証1部の値上がり銘柄数は1010、値下がり銘柄数は1061となった。日経ジャスダック平均は3912.66円(7.45円高)。

[2021年8月25日]

株探ニュース
概算、代金、東証、売買高、br、億円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です