米SEC、米上場の中国企業全てに投資家リスクの開示強化を要求へ=米国株

米証券取引委員会(SEC)は、米国市場で取引されている250社以上の中国企業に対して、投資家に政治的および規制上のリスクについての情報開示強化を要求する。最近、新規株式公開を求める中国企業に課した命令を既上場企業にも拡大する意向。ブルームバーグがSECのゲンスラー会長インタビューを伝えており、「来年初めから企業の年次報告書に開示強化が含まれることを想定している。新たな詳細には、企業のペーパーカンパニーの構造に関する情報も含まれる可能性が高い」と述べた。

ゲンスラー会長は先月、「SECは中国企業が開示強化するまでは、IPOの申請を停止する」と述べていた。

(NY時間13:45)
アリババ<BABA> 171.19(+10.13 +6.29%)
テンセント<TCEHY> 61.79(+4.65 +8.14%)
バイデュ(百度)<BIDU> 154.51(+11.75 +8.23%)
ビリビリ<BILI> 77.86(+7.74 +11.04%)
JDドットコム<JD> 74.74(+9.01 +13.71%)
ディディ(滴滴)<DIDI> 8.61(+0.89 +11.46%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美
国企、停止、SEC、開示強化、申請、IPO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です