日経平均は94円高、寄り後は堅調

日経平均は94円高(9時10分現在)。今日の東京株式市場は買いが先行した。昨日の米株式市場で主要3指数(ダウ平均、ナスダック総合指数、S&P500)が上昇した流れを引き継いだ。また、米市場でフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)の上昇率が主要3指数を上回ったことが東京市場で半導体関連株の株価を支えたほか、外為市場で1ドル=110円00銭前後と昨日15時頃に比べ30銭ほど円安・ドル高方向に振れたことが輸出株などの株価支援要因となった。一方、27日のジャクソンホール会議で予定されているパウエルFRB議長の講演内容を見極めたいとして、積極的な買いを手控えるムードがあり、また、新型コロナ感染拡大や、自民党総裁選、衆院選などを絡めた政局の不透明感などが買い手控え要因となったが、寄付き段階では買いが優勢だった。寄り後、日経平均は堅調に推移している。

《FA》

提供:フィスコ
FA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です