【↓】日経平均 大引け| 反落、ジャクソンホール会議を前に様子見姿勢 (8月27日)

日経平均株価
始値 27581.24
高値 27670.66(11:05)
安値 27481.23(09:31)
大引け 27641.14(前日比 -101.15 、 -0.36% )

売買高 8億6985万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆1135億円 (東証1部概算)

—————————————————————–

■本日のポイント

1.日経平均は前日比101円安と反落、2万7600円近辺で推移
2.前日のNYダウは192ドル安、アフガニスタン情勢など警戒
3.今晩のジャクソンホール会議を前に様子見姿勢が強まる
4.商船三井や郵船、川崎汽など海運株が買い人気を集め上昇基調
5.幼児活動研やベビカレ、カラダノートといった子育て関連が高い

■東京市場概況

前日の米国市場では、NYダウは前日比192ドル安と5日ぶりに反落した。アフガン情勢の悪化やジャクソンホール会議を前に利益確定売りが優勢となった。

東京市場では、日経平均株価は反落。前日のニューヨーク市場が軟調で売りが先行する展開となった。今晩のジャクソンホール会議を前に様子見姿勢も強まった。

前日の米株式市場では、NYダウがアフガニスタン情勢への警戒感もあり5日ぶりに反落した。これを受け、東京市場も値を下げてスタート。日経平均は一時260円を超える下落となる場面があった。ただ、下値には買いが入り売り一巡後は下げ渋った。今晩はジャクソンホール会議でパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が講演を行う予定であり、その結果を確かめたいと後場にかけ模様眺め気分も強まった。

個別銘柄では、ソフトバンクグループ<9984>やトヨタ自動車<7203>、ソニーグループ<6758>、任天堂<7974>といった主力株が安く、キーエンス<6861>やファナック<6954>、日本航空<9201>、コマツ<6301>が値を下げた。イオン<8267>や武田薬品工業<4502>、塩野義製薬<4507>が軟調だった。
半面、海運市況の上昇を受け商船三井<9104>や日本郵船<9101>、川崎汽船<9107>といった海運株が商いを伴い軒並み高。東京エレクトロン<8035>やリクルートホールディングス<6098>、ジェイ エフ イー ホールディングス<5411>、オリエンタルランド<4661>が値を上げた。幼児活動研究会<2152>やベビーカレンダー<7363>、カラダノート<4014>といった子育て関連銘柄が人気化した。

日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄は東エレク <8035> 、リクルート <6098> 、アドテスト <6857> 、資生堂 <4911> 、キッコマン <2801> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約34円。
日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、テルモ <4543> 、ダイキン <6367> 、ファナック <6954> 、エムスリー <2413> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約64円。

東証33業種のうち上昇は4業種のみで、上昇率の上位から(1)海運業、(2)パルプ・紙、(3)保険業、(4)金属製品。一方、下落率の上位5業種は(1)精密機器、(2)倉庫運輸関連、(3)石油石炭製品、(4)電気・ガス業、(5)卸売業。

■個別材料株

△幼児活動研 <2152> [JQ]
「自民がこどもまんなか基本法制定目指す」との報道。
△テラ <2191> [JQ]
新型コロナウィルス簡易抗体検査キットの大型受注を獲得。
△スターマイカ <2975>
21年11月期営業利益予想の上方修正と自社株買いを好感。
△アクロディア <3823> [東証2]
中和抗体検査キットの販売開始へ。
△GW <3936> [東証M]
9月16日を基準日に1→5の株式分割を実施。
△パラカ <4809>
伊藤忠商事 <8001> との資本・業務提携を材料視。
△サイジニア <6031> [東証M]
グループ会社の検索エンジンをJR東日本 <9020> が採用。
△REXT <7697>
野田市に次世代型ハイブリッド型店舗をオープン。
△鈴与シンワ <9360> [東証2]
DX推進の「脱ハンコ関連」で再脚光。
△ミロク情報 <9928>
70万株を上限とする自社株買いを実施へ。

▼ワンプラ <4199> [東証M]
21年8月期業績予想を下方修正。
▼広済堂 <7868>
大株主の売却観測から買い妙味後退につながる。

東証1部の値上がり率上位10傑は(1)明治海 <9115> 、(2)商船三井 <9104> 、(3)スターマイカ <2975> 、(4)郵船 <9101> 、(5)ベース <4481> 、(6)恵和 <4251> 、(7)アドソル日進 <3837> 、(8)川崎汽 <9107> 、(9)ミロク情報 <9928> 、(10)共栄タ <9130> 。
値下がり率上位10傑は(1)アセチレン <4093> 、(2)広済堂 <7868> 、(3)LINK&M <2170> 、(4)レノバ <9519> 、(5)WSCOPE <6619> 、(6)BML <4694> 、(7)ガンホー <3765> 、(8)BEENOS <3328> 、(9)グリー <3632> 、(10)神戸物産 <3038> 。

【大引け】

日経平均は前日比101.15円(0.36%)安の2万7641.14円。TOPIXは前日比6.58(0.34%)安の1928.77。出来高は概算で8億6985万株。東証1部の値上がり銘柄数は880、値下がり銘柄数は1175となった。日経ジャスダック平均は3931.97円(2.37円安)。

[2021年8月27日]

株探ニュース
概算、代金、東証、売買高、br、億円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です