8月27日米国マクロカレンダーリマインダー:コアPCE価格指数とパウエルのスピーチに注意してください

AP通信(上海、編集者Huang Junzhi)のニュース、重要なグローバルマクロデータのリリース時間をロックし、失われることなく毎日更新します。

以下は、8月27日に米国のマクロデータをリリースするための具体的な取り決めです。

20:30米国7月のコアPCE価格指数の月額料金(予測値0.3%、以前の値0.4%)

20:30米国7月のコアPCE価格指数の年換算四半期レート(予測値3.6%、以前の値3.5%)

20:30米国の7月の商品取引残高(以前の値-920億5000万米ドル)

p>

20:30米国7月PCE価格指数年率(以前の値4.0)

20: 30米国7月の個人消費支出価格指数(以前の値0.5%)

20:30米国7月の個人消費月額レート(予測値0.3%、以前の値1.0%) )

20:30米国の7月の自動車を除く小売在庫(以前の値0.5%)

22:00米国ミシガン大学消費者期待指数(予測値65.2、以前の値79.0)

22:00米国8月ミシガン大学消費者信頼度指数(予測値70.7、以前の値70.2)

中央銀行と政府のダイナミクス

19:00スウェーデン中央銀行副知事スキンズリーは、経済状況と現在の金融政策についてスピーチを行いました

21:00ジャクソンホールグローバル中央銀行年次総会

22:00連邦準備理事会のジェロームパウエル会長が講演

重要なグローバル指標の変化

米国の第2四半期 最新の実質GDP年率(暫定データ)は6.6%であり、以前の値は6.5%です。

米国の第2四半期のGDPデフレーターの最新値(予備データ)は6.2%で、以前の値は6.1%です。

米国での最初の失業保険金請求件数の最新値は353,000であり、以前の値は349,000(修正済み)です。

東京、日本8。�コア消費者物価指数(CPI)の年率の最新値は0.0%で、以前の値は-0.3%です。

8月の食品とエネルギーのCPIを除いた東京、最新の値は0.1%、以前の値は0.3%でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です