リスク選好の動きが優勢となり総じて上昇、資源価格上昇を受けて石油株・鉱山株などがしっかり=欧州株株式概況

リスク選好の動きが優勢となり総じて上昇、資源価格上昇を受けて石油株・鉱山株などがしっかり=欧州株株式概況

きょうの欧州株式市場は総じて上昇。終値は、FTSE100指数が前営業日比23.03ポイント高の7148.01ポイント、仏CAC40指数が前営業日比15.89ポイント高の6681.92ポイントとなっている。フランクフルト(独)市場は、DAX指数が前営業日比58.13ポイント高の1万5851.75ポイントとなっている。

世界的なリスク選好の動きが支えとなり、欧州株式市場はしっかりの展開となった。
独ダックスは半導体のインフォニオン・テクノロジーズ、不動産サービスのヴォノヴィア、製造業のシーメンスなどの買いが支える展開に。医療サービスのフレゼニウス・メディカルケア、エネルギーのRWEなどが軟調。
英FTは資源価格の上昇を好感して、エネルギー・資源関連の買いが目立った。石油メジャーのBP、ロイヤルダッチシェル、鉱山大手BHPビリトン、リオティント、アングロアメリカンなどが寄与度上位に。

MINKABU PRESS
指数、日比、株式、FTSE100、終値、前営業、市場、CAC40、DAX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です