投信・基準価額騰落率ランキング 8月第4週(23~27日)

8月第4週(23~27日)のファンド基準価額騰落率ランキングで、上昇ランキングトップの「みのりの投信(投資一任専用)」は前週に急落した基準価額を埋める形での上昇となりました。同様の運用スキームである別ファンド「 みのりの投信 」の基準価額は横ばいでした。「みのりの投信(投資一任専用)」は前週にファンド資産の大部分が解約されており、その影響が出たものとみられます。

下落ランキング上位ファンドの基準価額下落の主な要因は分配金です。「新光ピュア・インド株式ファンド」は2500円、「グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(健次)」は1730円、「グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(為替ヘッジあり)(健次(ヘッジあり))」は1386円を期中に分配しています。

○上昇ランキング(ブル・ベア型ファンド除く)
1位 +21.72% みのりの投信(投資一任専用)
運用会社:ポートフォリア

2位 +10.36% テーマレバレッジeコマース2倍
運用会社:大和アセットマネジメント

3位 +8.66% テーマレバレッジゲーム&eスポーツ2倍
運用会社:大和アセットマネジメント

○下落ランキング(ブル・ベア型ファンド除く)
1位 -16.15% 新光ピュア・インド株式ファンド
アセットマネジメントOne

2位 -14.49% グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(健次)
三菱UFJ国際投信

3位 -12.01% グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(為替ヘッジあり)(健次(ヘッジあり))
三菱UFJ国際投信

下落、新光、分配、要因、上位、期中、株式、基準価額、為替

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です