日経平均は240円高、寄り後はもみ合い

日経平均は240円高(9時5分現在)。今日の東京株式市場は買いが先行した。先週末のジャクソンホール会議でのパウエルFRB議長の発言を受け、当面はFRBによる緩和的な金融政策が続くとの見方が東京市場の株価支援要因となり、先週末の米株式市場で主要3指数(ダウ平均、ナスダック総合指数、S&P500)がそろって上昇した流れを引き継いだ。一方、新型コロナ感染拡大による経済への悪影響や、自民党総裁選、衆院選などを絡めた政治の先行き不透明感に加え、アフガニスタン情勢を巡る地政学リスクも意識され、株価の重しとなったが、寄付き段階では買いが優勢だった。寄り後、日経平均はもみ合いとなっている。

《FA》

提供:フィスコ
FA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です