東京株式(前引け)=米株高好感し反発、朝高後に値を消す場面も

30日前引けの日経平均株価は前営業日比77円72銭高の2万7718円86銭と反発。前場の東証1部の売買高概算は4億5087万株、売買代金概算は1兆767億円。値上がり銘柄数は1707、対して値下がり銘柄数は380、変わらずは95銘柄だった。

きょう前場の東京株式市場は、前週末の米株高を受け日経平均株価は反発に転じた。ただ、新型コロナ感染拡大の影響なども警戒されるなか上値も重く、ほぼ寄り付き天井の形で伸び悩む動きとなった。一時は前週末終値近辺まで値を消す場面もあったが、前場後半に持ち直した。日経平均寄与度の高い一部の値がさ株の下げが影響しているが、値上がり銘柄数は全体の78%を占めるなど個別株物色意欲は旺盛といってよい。前場の売買代金はやや盛り上がりを欠いているものの1兆円台をキープした。

個別では日本郵船<9101>、商船三井<9104>などの海運株が買われ、日本製鉄<5401>など鉄鋼株も高い。リクルートホールディングス<6098>が堅調、ベイカレント・コンサルティング<6532>も上昇した。中山製鋼所<5408>が急伸、藤倉コンポジット<5121>、ラウンドワン<4680>も物色人気に。エアトリ<6191>も値を上げた。半面、ファーストリテイリング<9983>が下落し、エムスリー<2413>も売りに押された。オルトプラス<3672>が急落、東邦アセチレン<4093>も大きく値を下げた。アシックス<7936>も安い。

出所:MINKABU PRESS

平均、代金、天井、物色、意欲、警戒、旺盛、株式、感染、株高

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です