大手|完了、6千億円、充電や通信強化

 半導体大手のルネサスエレクトロニクスは31日、英国の同業大手ダイアログ・セミコンダクターの全株式を約6240億円で取得し、買収を完了したと発表した。充電や通信用の技術を強化するのが狙い。半導体の需要の高まりに対応し、事業の拡大を目指す。

 ルネサスは買収に伴う製品拡充や業務効率化で約210億円の売り上げ増や、約131億円のコスト削減を見込む。柴田英利社長は「エンジニア陣が拡充され、市場に多様な製品を提供できる」とのコメントを発表。半導体の需要が増している自動車やモノのインターネット(IoT)向けに力を入れる方針を示した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です